ウーマン

モデル専門学校からテレビの仕事への道が開ける

専門学校での知識が必要

ドッグ

ペットへの知識が必要

トリマーとは、ペットの理美容にかかわる職業です。犬または長毛猫などに、シャンプーやカット、ブラッシングなどの他に、耳掃除・爪切りなどを施す仕事です。獣医師とは違って、医療行為をすることはありませんが、ペットの全身をケアする時に皮膚病や体調の変化などに気づき飼い主に助言することで、病気の早期発見にもつなげることができます。トリマーは国家資格は必要ありませんが、独学で勉強することは非常に難しいため、ほとんどの人は専門学校で知識習得をし、実習などで経験を積むことになります。犬だけでも何百種類と犬種があり、それぞれに気性や性格、体格なども違いますし、被毛にも特徴があります。また犬種により被毛を整える際にも流行や似合うスタイルがあり、知識や技術が必要になります。

怖がってはできない

またペットによってはトリミングやシャンプーなどの時に嫌がって暴れることもあります。そういった対処も覚えておかなければトリマー自身の怪我にもつながります。ペットがどうしたら快適に嫌がらずにトリミングしてくれるのか、そういった方法も専門学校で資格を取ると教えられます。トリマーは国家資格はありませんが、民間団体が作っている審査基準をクリアした場合とれる資格もあります。こういった資格を取ることで、動物病院やペットショップなどへの就職にも有利になります。また、トリマーの技術と経験を積んで自身で開業してオーナーになることも可能です。いろいろな動物と接して経験を積み、人間と同じく美容師としての技術向上することで成り立つ職業です。